仕事術・価値観

「新型コロナ」10万円の給付金はいつ受け取れる?申請方法は?対象は?

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による2020年4月20日に閣議決定し、
その中の、「1人につき一律10万円の現金給付」の実施については、みなさんご存知かと思います。

この特別定額給付金はいつ貰えるの?
どうやって申請するの?
必要な書類は?
支給はいつ頃なの?

気になっている方々は非常に多いことでしょう。

市区町村ごとに給付期間は異なるのですが、
すでに大部分が決定しているので当記事にまとめてみました。

「お金を振り込んでください」
「手数料が必要です」
ということは一切ありませんので、
もし、このようなことがあれば”詐欺”であるという事を疑ってください。

また、このようなパニック状態の際に、
色んな事件に巻き込まれることも予想される為、
正しい情報を取り入れ、冷静な判断で対応しましょう。

ABOUT ME
Andy
Andy
1994年生まれ。長崎→東京。 大手人材会社→大手日系 生命保険会社(ファイナンシャルプランナー) マルチワーカー:営業代行、キャリアコンサルタント、フットサルスクール、アパレルブランド、YouTube(New) 生き方・考え方・働き方・人材・金融まで発信 趣味:フットサル・YouTube・筋トレ・料理

1人につき一律10万円の現金給付について

今回、閣議によって決定された、
「新型コロナウィルス特別定額給付金」のポイントは以下の通りです。

誰がもらえるの?赤ちゃんは対象になる?

対象となる人

・基準日である2020年4月27日時点で、住民基本台帳に氏名が記録されている人
・給付金は1人につき10万円
・世帯主がまとめて受け取る(DV・暴力を受けている場合は除く)

となっておりますが、収入による条件はありません。
年金受給者、失業保険受給世帯、生活保護の被保護者も支給対象です。
生活保護制度の被保護者の収入認定に際しては、収入として認定されません。

また、4月27日時点で日本に住んでいれば対象になるので、
2020年4月27日生まれまでの赤ちゃんの場合には、出生届が当日に受理されると対象者になります。

特別定額給付金の給付方法

原則として、申請者の本人名義の銀行口座へ振り込みの対応となります。
ただし、止むを得ない場合については、窓口での申請及び、給付が認められております。

また、世帯主が申請者となりますので、まとめて世帯主の銀行口座に振り込まれます。
その為、申請時に銀行口座を開示することになりますが、
詐欺には充分に注意した上で取り組むようにしてください。 

いつ特別定額給付金(10万円)がもらえるの?期限は?

こちらについて、総務省は以下の通りにしている。
市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)

要するに、給付日は国が定めているものではなく、市区町村によって異なる為、地域差がありますので、ご了承ください。

申請期限も設けられており、市区町村ごとの申請受付開始日から、「3ヶ月以内」とされています。
これを過ぎると受け取れなくなってしまいますので、ご注意ください。

また、申請期限が近いからと言って、役所などへの外出は避けてください。
これでは、感染症に対する、特別給付金の意味がなくなってしまいます。
基本的に、「郵送」「オンライン」での対応となりますので、ご安心ください。

特別定額給付金の申請方法は2つ

申請は、「郵送申請」「オンライン申請」の2通りとなります。

「オンライン申請」ができるのか、
「郵送申請」での対応なのか、のポイントとなるのは、
「マイナポータル」を利用しているかと、
「マイナンバーカード(プラスチック製)」を持っているかどうかです。

オンライン方式での給付

オンラインでの給付が受けれる方

「マイナポータル」を利用している。

「マイナンバーカード(プラスチック製)」を持っており、
「マイナポータル」を利用する条件が整っている。

こちらの方は、インターネットでの申請が可能です。
webサイト「マイナポータル」に振込先金融機関の口座を入力し、
振込先口座の確認書類をアップロードして、申請する方法となります。

電子署名にて、本人確認を実施する為、本人確認書類の郵送は不要となっております。

オンラインでの申請に必要なもの

マイナンバーカード(プラスチック製)
マイナポータルにログインできる環境
振込先の確認書類

これからマイナンバーカード(プラスチック製)を取得しようとすると、
2ヶ月弱はかかってしまうので、郵送での申請の方が良いかと思います。

郵送方式での給付

市区町村より、受給権者(世帯主)宛に、申請書が郵送されてきます。
その申請書の必要記入箇所を記入の上、振込口座確認書類、本人確認書類の写しとともに、
市区町村へ郵送して、申請する方法となります。

郵送方式での申請に必要なもの

市区町村から送られてくる申請書
振込先の確認書類
本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証など)

※本人確認書類の運転免許証などの、「など」の詳細については、現時点では明示されておりませんん。

DV(暴力)を受けている方への給付方法

今回の給付は、「1人当たり10万円」となっております。
要するに、給付対象は「個人」です。

しかし、個人ごとに申請すると、自治体の事務作業が膨大なものになるため、
支給の迅速化を優先して、原則として受給権者は世帯主に統一されました。
つまり、「父・母・子」の3人世帯であれば、合計金額の30万円が世帯主名義の銀行口座に一括で振り込まれ
それを家族で「分配」することになります。

この問題に対処するために、制度には「配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援」が、追加して盛り込まれました。
この場合、基準日(4月27日)以前に、避難している住所に住民票を移すという手があったのですが、
それができなかった場合でも、「救済」が可能になりました。

その対象の方は、手続きを行い「申請書」の提出をすれば、以下の措置を受けることができます。

①世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、
給付金を受け取ることができます。 今お住いの市区町村に申請を行っていただきます。

② 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、
世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

こちら期限が、2020/4/30(木)となっておりますが、過ぎても「申請書」を提出することも可能です。
※詳細はこちらより

受け取らないお金はどうなる?

今回の特別定額給付金は、仮にあなたが受け取らなかったとしても、
他の困っている誰かへの寄付にはなりませんので注意してください。

しっかり10万円を受け取ったら消費(買い物)することで世の中のお金を循環させ、経済活動に貢献しましょう。

まとめ

総務省は、説明したような給付金について、
「今後の検討によって変更もありえます。内容が固まり次第、追加してまいります。」としています。
最新情報に注意してください。

また、いつ収束するか分からない、今回の新型コロナウイルスによる、パンデミックですが、
みなさまの、一人ひとりの思いやり、常識ある行動が、1日でも早い収束、
1人でも感染者の方、死者の方を減らすことに繋がります。

しっかりと予防しつつ、闘っていきましょう。

総務省「特定定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)」