転職

終身雇用が終わる-転職アプリを利用するメリットと転職エージェントとの違い-

古くから日本企業に根付いてきた終身雇用が終わりを告げようとしています。

終身雇用が終わると個人のスキルがとても重要になり、価値の高い人間が優遇されるようになります。そうなった際にあなたはどんな武器を持っているでしょうか。

また、

転職活動は働きながら始めると、手間や作業に多くの時間がかかることに気がつくと思います。

転職先・職業の選択、履歴書の作成、面接日時などのスケジュール管理などなど、例をあげればきりがなく、そしてどれも想像している以上の手間暇がかかるものです。

転職するには必須の作業ですから、ここで手を抜くわけにはいかず、時間だけがどんどん過ぎていく・・・そんな経験をしたことがある人も少なくないでしょう。

あまりの手間に結局転職を諦めてしまった、なんて人も中にはいるかもしれませんね。

しかし、それでは愚痴とストレスしかない現環境を打破することができず、変わり映えのない、ため息だけがこぼれる毎日を過ごすことになりかねません。

そんな面倒な転職活動の効率を上げる方法が、転職アプリを利用することなんです。

今回は、会社員として働きながら転職アプリに登録するメリットについて徹底解説していきます。転職活動を少しでも楽に、効率的に進めたい方は必見です。

※この記事の感想をご自身のブログで書いてくれた方は、私のTwitterアカウントで拡散させて頂きます。Twitterへ是非ご連絡ください。

ABOUT ME
タチバナ
タチバナ
WEB系外資系企業へ新卒入社。2年で時給は2倍に。現在は国内IT企業へ、ヘッドハンティングを受け20代で1本超え。TwitterではSNSマーケティングやキャリアに関する心構え、人生を充実させるネタを発信。

転職アプリに登録するメリット

時間のない社会人にとって転職活動に多くの時間を割かれるのを阻止するためには、転職アプリが必須です。

転職アプリには大きなメリットがあり、それを活かすことであなたの転職活動は劇的に楽になります。

あるのとないのでは雲泥の差ですから、ぜひこれから紹介するメリットを活用して、苦しい転職戦線を乗り切りましょう。

転職先を自動選定してくれる

転職アプリの最大のメリットと言えば、なんといっても転職先をアプリが自動選定してくれることですよね。

簡単なデータ(プロフィールやキャリア、スキルなど)を入力するだけでアプリがあなたにぴったりの企業や職業を割り出してくれるので、どんな仕事が向いているのかわからない、転職で迷っているという人には打ってつけです。

とくに、今までとは違う、まったく別の職業に就きたいと考えているなら、転職アプリはとても有用で、自分の価値観や思い込みで狭くなっていた視野も、転職アプリならさまざまな角度から新たな道を示してくれます。

転職を考えているけど企業リサーチがめんどう、自分に合っているかわからないなどの悩みがあるなら、転職アプリはかならず役に立つでしょう。

スケジュール管理が容易

転職活動を行うということは、自分にぴったり当てはまる企業をいくつも探し、そして面接を受けなければなりません。

これが1~3社程度なら頭の中でも充分に管理できると思いますが、5社、10社と増えた場合、どの会社が何時から面接、どの会社は履歴書送ったか、などの管理が非常に困難になってきます。

「いやいや、そんなわけないじゃん」と思うかもしれませんが、一社一社真剣に対策を立てたり、リサーチをしていると、そのデータ量は膨大なものになるため、重要な記載漏れなどのミスが発生しがちです。

最悪の場合、2社で面接時間が被っていることに気づかず、ダブルブッキングしてしまうなんてことも時間の限られている社会人なら十分にあり得る話です。

だからといって、紙媒体でいちいちメモしていては時間も手間もかかりすぎるので、転職アプリ内のスケジュール管理機能を利用することをおすすめします。

一目で面接などの日程がわかりますし、企業データの管理も楽です。

つまらないケアレスミスをなくす意味でも、無料で登録できる転職アプリはダウンロードして損はしません。

自分の市場価値がデータとしてわかる

最近の転職アプリでは、あなたの市場価値が数値化されるものもあり、自分がどれほどの価値があるのか、どんな企業から必要とされているのかが良くわかるようになっています。

簡単なデータを入力するだけでわかるので、客観的に自分の未来を計画立てるときの参考にもなりますし、自分の価値がわかるということは売り込むのが非常に容易になるということですから、市場価値を知っておくことで転職活動は有利に進められます。

転職アプリがはじき出した市場価値は、あなたのリサーチだけでは見つけることのできない企業や職業への道が開ける可能性もあり、超大手企業からオファーが届く、といったことも転職アプリなら決して夢ではありません。

キャリアアップが自己転職よりも簡単

現状維持は後退と同じであり、常に次の一手を考えるのが社会人の本来の姿ですから、当然選択肢にはキャリアアップを視野に入れた転職を考えるべきでしょう。

キャリアアップの利点は、転職時の収入ダウンリスクを避けることができる上に、新たなステージへと押し上った仕事に対するモチベーションアップが期待できることです。

しかし、一般的にキャリアアップを狙っての転職はきびしく、場合によっては転職に失敗することもあるので、充分に注意が必要です。

そこで活躍するのが転職アプリで、前述したように市場価値が目に見えてわかるため、現在のキャリアが相応なのか不相応なのかがすぐにわかります。

実際にアプリを試してもらえばわかることですが、大抵の場合、キャリアアップできる企業がピックアップされるはずです。

自己転職だったら「どうせ無理だろう」とあきらめてしまうような企業にも、転職アプリを利用すれば手が届くことも可能性はゼロではありません。

あわせて読みたい
転職アプリで天職を探して転職する方法日本初のAIキャリアシミレーションアプリ「VIEW」 転職するということは、大きな不安を抱えながら自分という価値を武器にして見えない強大な相手と戦うということであり、自分に向いているキャリアを模索し、選択肢を最大限に広げなければならない非常に厳しい戦局を強いられるものです。 気休め程度の軽い気持ちで“天職”へのアクセスを導いていてはいかがでしょうか。たかが転職アプリ、されど転職アプリ。 転職アプリで天職に出会えるのであればそれもまた良いと思っています。...

転職エージェントと転職アプリはどちらがおすすめか?

転職アプリとよく比較される転職エージェントですが、一体どちらの方がより転職活動のサポートになるのでしょうか。

結論からお伝えすると、併用するのがもっとも効率的でおすすめです。

それぞれ得意な分野があり、転職エージェントは豊富な知識と経験であなたにぴったりの転職条件の企業や職業を割り出します。

面接対策など、こまかい部分までアドバイスがもらえるので、利用しないに越したことはありませんが、エージェントのもとへでかける手間やランニングコストが発生するので注意が必要です。

一方、転職アプリは理想の企業をマッチングしてくれたり、中には面接確約状態で企業からオファーをもらえたりとかなり便利なものもあります。

さらに、スマホで利用できるため、場所と時間を選ばないのもメリットにはなりますが、最終的な面接などは自分一人で戦わなければなりません。

このように、お互いに良い部分と悪い部分があり、転職アプリで希望の企業、職業を絞り込み、転職エージェントに相談という流れが理想的ではないでしょうか。

これならエージェントに通う回数も時間も短縮できますし、アドバイスや攻略法も聞くことができます。

どちから一方というよりも、併用することでメリットが相乗効果をもち、なおかつお互いのデメリットを消すことができるので、より効率的に転職したいのであればぜひ併用してくださいね。

まとめ

転職アプリのメリットについてお話ししてきましたが、あれば市場で求められているスキルや人材がわかります。むしろ利用しない方が転職活動が長く厳しいものになりかねません。

スマホひとつで完結できる利便性は現代の社会にぴたりと適応しており、使いこなすことであなたの未来への選択肢は大きく広がります。

4つの大きなメリットを上手に活かして、あたらしい世界への一歩を踏み出せるようにしっかり準備しましょう。