仕事術・価値観

モチベーションの保ち方を教えます-心を整える-

アンディ
アンディ

どうも、アンディです。
今回は「モチベーション」について、お話できればと思います。

今までお話しさせて頂いた、人間の根本である、潜在的思考については、ざっくり勉強できたかと思います。

その上で、楽しく生きるために、常に高いモチベーションが必要で、それの維持方法について、お話ししていきます。

(先週iPadと、Apple Pencil買ったので使ってみました。)

ABOUT ME
Andy
Andy
1994年生まれ。長崎→東京。 大手人材会社→大手日系 生命保険会社(ファイナンシャルプランナー) マルチワーカー:営業代行、キャリアコンサルタント、フットサルスクール、アパレルブランド、YouTube(New) 生き方・考え方・働き方・人材・金融まで発信 趣味:フットサル・YouTube・筋トレ・料理

モチベーションについて

「モチベーション」
人が何かをする際の動機づけや目的意識。

みなさん何か、夢であったり、目標など、人生において色んな成し遂げたいことがあるかと思います。
その夢や目標などに向かってモチベーションが高い時は、努力できたり、行動できたりしているとは思いますが、
モチベーションが下がった時はどうでしょうか?

例えば、「10キロダイエットするぞ!」と口では言うももの、
ジムに通ったり、食制限したり、ランニングに行ったり・・・と色んなことを試行錯誤しながら、
やり続けるかと思いますが、続いてますか?
僕は続けるが本当に苦手なので、モチベーションが下がっている時に、諦めてしまいます。

なんでこれは起きるのでしょうか?

モチベーション低下の理由

①単純にモチベーションとは自然と下がるもの

人間の本質として、潜在的思考が行動や思考のほとんどを司っています。
その中で、今まで染み付いてきた、「習慣」や「変化を恐れる思考」というのは、なかなか変えることが難しいです。

あなた
あなた
ダイエットしよう!!

と思っていても、実際の自身の潜在的思考としては、

あなた
あなた
今日は美味しいご飯食べよう!
家に帰ったら、録画してた昨日のドラマ見よう!

などと、今までの生活と同じような楽な生活を求めていて、新しい変化を受け入れることが難しいです。
また、新しいことを始めるにはエネルギーもいるので、なかなか踏み出すことができないことも多いのではないでしょうか?

単純にモチベーションの維持というのは、とても難しく、人間の本質的に下がっていってしまうものだと、認識していきましょう。

②その物事にやりがいや、ワクワクを見いたせていない

人間は、やりがいのあることや、心の底からワクワクするものには、夢中になって頑張れると思います。
学生時代、好きな部活をやっていた時は、夢中で一生懸命に頑張っていたと思います。
これが大人になって、色んな社会の理不尽に耐えながら、色んなことをやならければなりません。

頑張る気もない仕事や、楽しいと思っていない仕事に対して、「モチベーションが低い!!!」などと、
怒られても、モチベーションをあげることは難しいと思いませんか?

これは、自然な形だと思います。

やりがいを見いだせていないと、やっていることが無駄に感じてきて、高い目標や、夢を持てなくなり、やる気がどんどん下がっていきます。

逆に、やりがいがとてもあって、ワクワクする、楽しい!と思えていれば、それは、高いモチベーションを保つことができるのではないでしょうか?
そのことをやり切ることでどんなメリットや意義があるのか、本人の心の底から理想が高まる形で思考する必要があります。

③ネガティブ思考を繰り返してしまうから

モチベーションが下がる要因の一つとして、ネガティブ思考を繰り返してしまうことが挙げられます。
例えば、やりたくない上に、期日が迫っている仕事や、自分の能力を超えた仕事をやらなければならない時に、失敗したことなど、あれやこれやと勝手に想像して、不安な気持ちが高まり、自分自身にネガティブな言葉を投げかけます。

「期日守らなかったら、怒られる。」
「こんなの期日内にできるわけないよ。」
「僕にこの仕事は重荷すぎる。」
「失敗したらどうしよう。」
「そもそもなんでこんなことしないといけないんだよ。」

なんの根拠もない、生産性もないネガティブな言葉を繰り返すと、志やモチベーションは徐々に下がっていきます。
このネガティブな思考も、モチベーションを下げる要因の一つなのです。

ですが、こちらの記事で紹介した、「スラムダンク理論」は、この内容にリンクします。

あわせて読みたい
”生きがい”を感じ続ける方法-人生を充実させる考え方を教えます-アンディです。今日は「”生きがい”を感じ続ける方法」について、お話できればと思います。 人によって、”生きがい”を感じる瞬間。って様々だと思いますが、 この抽象化されているモノを噛み砕いて、法則性を自身の中で確立していくヒントを考えていきます。みなさん、”生きがい”と聞いてどんなことをイメージしますか?毎日生きていても、”生きがい”を感じられず、「”生きがい”が欲しい。」と思うことがありませんか?まずは、これは何故なのか、”生きがい”とは、そもそも何なのかという事について、整理していきます。...

前向きに、ポジティブで何事も捉えることができるのであれば、どんなことも人の2倍3倍得することができるのです。

モチベーションを高くする方法、維持する方法

僕の中での結論は一つ。

「モチベーションが上がるポイントを持ちすぎるくらい持つ」

これに限ります。
モチベーションというのはこのように上下していきます。

この下がるタイミングを無くしてしまえば、永遠に右肩上がりで上昇志向の自分で居られるのではないでしょうか?

その為の、目標設定を行うのです。
もしこの目標が一つだとしたら、その目標について後ろ向きになったタイミングで、モチベーションは下がってしまいますよね?
では、その目標に対しての、小目標が10個あれば、1個の小目標に対して、後ろ向きになっても、残りの9個のエネルギーがあれば、モチベーションは上がる傾向にありますよね?


単純なのです。

この、「モチベーションが常に高まる目標設定方法」、「目標を達成する思考方法」について、次回はお話し致します!